【調理動画】かんたん!おいしい!至福の朝スープ Vol.9「豆腐と肉団子のゲーンチュー」

体を目覚めさせ、1日のスタートを切るために大切な朝食。
サッと作れて、きちんとおいしいスープの作り方を人気シェフが伝授します!

教える人●伏木孝道さん

ふしき・たかみち● 1974年神奈川県生まれ。調理師学校卒業後、イタリア料理店を経てタイ料理の世界へ。洋食にはないアジアのハーブやスパイスの使い方に魅了され、タイレストランで研鑽を積む。現在は「マンゴツリー東京」のシェフとして腕をふるう。

パクチーが爽やかに香るタイの定番

“ゲーンチュー”は、あっさり味のスープを意味するタイ料理。

「現地でポピュラーなスープです。タイは屋台文化が発達していて、ゲーンチューを屋台でさっと食べて出勤する人も多くいるんです」

そう話しながら作り方を教えてくれたのは、丸ビルにあるタイ料理レストラン「マンゴツリー東京」の伏木孝道シェフ。

「コツはひき肉を小さな団子状に丸めて煮ること。具としての存在感が増して食べごたえが出ます」

ひき肉はだしが出るうえに火が通りやすいのも利点。具材を煮始めたらほんの5分で完成します。

「今回は豆腐が主役ですが、はんぺんや葉野菜などを入れてもいいですね。お湯で戻した春雨を加えればボリュームが出て、これだけで満足できる朝食になります」

ナンプラーの奥深い味わいと爽やかなパクチーの香りで、暑い季節も乗り切れそうです。

材料(2人分)

絹ごし豆腐・・・1/2丁
豚ひき肉・・・50g
大根・・・30g
しめじ・・・30g
パクチー・・・適量

<A>
ナンプラー・・・大さじ1~2
鶏ガラスープの素・・・小さじ2
水・・・500ml

作り方

  1. 鍋にAを入れて強火にかける。大根は皮をむいて厚さ5mmのいちょう切りにし、煮汁が沸き始めたら鍋に加える。
  2. 続けて豚ひき肉を小さめの一口サイズに丸めながら鍋に入れ、中火で煮る。アクが出たら取り除く。
  3. 小房に分けたしめじ、一口大に切った豆腐を加える。ひと煮立ちさせ、肉団子に火が通り浮いてきたら完成。
  4. 器に盛り、ざく切りにしたパクチーをのせる。

調理動画はこちらから!