開催日
2018年8月25日(土)

(受付終了)東京の未来予想図 ~五輪後の東京はどうなる?~

メイン画像

受付終了しました。多数のご応募、誠にありがとうございました。

元東京都副都知事で東京の都市政策に精通されている青山氏を講師にお招きし、これから東京はどう変わっていくのか、五輪がもたらす東京の変貌の行方、商業・インフラ整備が都心居住に与える影響などについてお話しいただきます。
第二部では青山氏と三菱地所レジデンスの販売責任者によるトークセッション。未来の東京の住宅環境はどうなっていくのか、これからの住まい選びのヒントになるようなキーワードは何なのか、都市政策のプロとデベロッパーのそれぞれの視点で語っていただきます。ここでしか聞けない注目のエリア、開発秘話など聞けるかもしれません。

イベント情報詳細

開催日

2018年8月25日(土) 10:00~11:30(9:45 受付開始)

会場

三菱地所のレジデンスクラブラウンジ

有楽町駅 徒歩1分(MAP

参加費

無料

募集人数

45名様
(1組2名様まで。お1人様でもご参加いただけます。)

対象者

三菱地所のレジデンスクラブWEB会員

応募締切

2018年8月5日(日)

当選者への連絡方法

当選された方にのみメールにてご案内させていただきます。

注意事項

※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。

講師プロフィール

講師名

青山 佾(あおやま やすし)

プロフィール

明治大学名誉教授 博士(政治学) 1967年東京都庁経済局に入庁。
1999年から4年間、石原慎太郎知事のもとで東京都副知事(危機管理、防災、都市構造、財政等を担当)を務めて2003年退職。
2004年に明治大学公共政策大学院、教授に就任。専門は自治体政策・都市政策・危機管理・日本史人物伝。2008年-09年にコロンビア大学で都市政策の比較研究。博士(政治学)。
現在は、東京都都市計画審議会委員、東京都社会福祉協議会会長、東京都農業会議会長も務めている。
主な著書に『世界の街角から東京を考える』(藤原書店)、『10万人のホームレスに住まいを』(藤原書店)、『都市のガバナンス』(三省堂)、『石原都政副知事ノート』(平凡社)など多数。

青山やすし氏写真

講師名

岡橋 志郎(おかはし しろう)

プロフィール

三菱地所レジデンス 販売第二部長