住まいの売却や賃貸募集・管理のタイミングを考えよう!

1214

今回は、最近ご質問の多い『売却や賃貸に出すタイミング』について、ご案内したいと思います。

入学や転勤などイベントの多い1~3月は、不動産流通も活発に!

不動産市場を見ますと、やはり1~3月は、新年度の入学や入社・転勤などライフスタイルの変化するイベントが多いため、住替え需要が高まる傾向にあります。

特に賃貸物件は、この時期借り手も多く、短期間での賃貸成約が期待できるほか、賃貸条件も良いため、オーナーの方にとっては魅力あるシーズンだといえますね。

売却活動・賃貸募集をするために、はじめに考えるべきこととは?

まずはじめに、「所有物件がいくらで売れるのか?」「賃料はいくらになるのか?」を知るために、所有物件の査定依頼をするところから始めます。

不動産会社が皆様のお部屋を見て、陽当りや眺望・間取りやリフォームの有無など、物件の特性を把握し、査定額を提示してくれます。
この査定額を基に、自分の資産を含めた資金計画を立てることから始めましょう。

「売買・賃貸どちらにしよう」「どこに相談したらいいのか」とお悩みの方は、ぜひ、三菱地所のレジデンスクラブラウンジのコンシェルジュにご相談ください。お客様のお悩みをうかがいながら、総合的なご提案をさせていただきます。

売却・賃貸募集の相談をするベストなタイミングとは?

ご相談のタイミングにもっとも適しているのは、売却や賃貸をご検討され始めた時です。
当ラウンジを訪れるお客様をみると、最近では、数か月先の新築マンションのお引渡しに向け、所有物件の売却相談などをされている方が多いように思います。

ご相談自体、もちろん半年・一年先でもかまいませんが、はやめにご相談していただくと、具体的に動き出すタイミングや準備などが事前に把握できるので、実際に売却・募集活動の時にも、ストレスも少なく、スムーズに動けます。もしかすると、これが成功のカギかもしれません。

ちなみに、不動産会社より提示を受ける査定額というのは、約3か月以内での成約を目指した金額になります。一般的にはこの期間を参考に、その1カ月前後には具体的な募集金額や条件を決定させることが理想的かもしれません。

一番大事なのは、自分にとっての売却・賃貸募集のタイミングを知ること!!

人によって、住み替えのタイミングは違います。また、早期に成約をする必要がある人もいれば、時間的余裕のある方もいらっしゃいます。
しかし、売却と購入の順序ひとつで、メリット・デメリットが変わってくるので、まずは、自分が住替えをする目的や目標など明確にするのが、はじめの一歩です。それをもって不動産会社と、ベストなタイミングを見つけていきましょう。

★三菱地所グループの仲介を担当しております三菱地所ハウスネットでは、お客様の立場にたったご提案をさせていただきます。まずは「三菱地所の住まいリレー」の無料査定から、お気軽にご相談ください。

売却が先?購入が先?買い替えの時の考え方

中古マンションの見学のコツ。暮らしをイメージしてみよう

三菱地所の住まいリレー「無料査定」はこちら